抱っこイケアのビルディングビーカー

2014年08月04日

「おかあさんの扉」 伊藤理佐

姉のもんちが姪、甥か小さい頃

よく読んでたのをなぜ?

と思ってましたが

そんな私も

育児マンガ、気が付けば読んでます。

共感するというとこが大部分ですが

そもそも、それぐらいしか読む暇なし

というのだな、、、。

この本も「ひとり上手な結婚」読んだ流れですが

伊藤理佐、娘、吉田戦車のノリ(?)

が良いです。

程よい笑いがこみ上げてくる感じで。

同じ時に「ツレがうつに~」の作者の

育児マンガ読みましたが

同じような内容でもって書く人によって

テイストが全然違うなと実感しました。

そんな流れで

瀧波ユカリの

「偏愛的育児エッセイ はるまき日記」は

大変ツボでした。

これはまた後日に書きましょう。


で、「おかあさんの扉」でいいのは

なんと言ってもパパである吉田戦車でしょうね。

あのマンガ家の日常が、、、って

読んじゃいますよね。

まあ、とにかく笑えます。

sibainunohi at 21:36│Comments(0)TrackBack(0)  | あ行の作家

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
抱っこイケアのビルディングビーカー