本日は1週間で

2014年06月03日

『書楼弔堂 破暁』 京極夏彦 

tomuraidou

「書楼弔堂 破暁」 京極夏彦


やっと読み終えました。

最後まで私の好きなテイストという印象は裏切られませんでした。

自分ってやっぱり本が好きなんだなと実感させられましたね。

最近でてた京極さんの作品はイマイチ満たされてなかったので

待ってましたという感じです。


御一新からはや20年以上。明治中頃の東京。

大量の書物に埋め尽くされる弔堂という古本屋で本に巡り会う人たち。

本の成仏させるところだから「弔堂」

わけありな主人の巧みな話と、誰もが知っているあの人たちの妄想広がる短編たち。

弔堂の主人は核心は鋭く突いたりするんですが

知識は豊富なのに語りもソフトで、あたりがやわらかくていいですね。

全然否定しない。

その分、実は嫌味な人物なのかもしれないけれど。

まあ、得体のしれない人です。


他のシリーズと同じく

知識の豊富な人がいて、どうも生き方がダメダメな人がいて。

最後の「未完」という中でストーリーテイラー的な高遠にも1冊の本が用意されるのですが

仕事もしない、家にも帰らない無為に暮らす自分に嫌気がさしながら

でも何もできないやれないと悶々としているそんな男に
(思考の停滞の仕方が自分かと思った)

「生まれてから死ぬまでの間、生に決着や結末はない。それはずっとだらだらと続くもの」

「人間は書きかけの書物と同じで未完なのですよ」

というセリフ。

生きていればすなわち未完。


だから、(誰が何と言おうと)自分のことは自分で決めたらいい。

どんな(にダメで恥ずかしい)生き方でも自信持ってやればいいよ。

ビビってないで(ダメな)自分認めろよ。
(どっちにしろお前だろ)

・・・と納得させられました。

自己肯定してもらって大満足です(笑)

この最後の章、京極堂のあの人につながる話なので

ファンは見逃せませんね。


本を読むこと、本って何を考えさせられます。

本好きの人、幕末好きの人、京極夏彦はまだ読んだことないという人にお勧めしたいです。


sibainunohi at 22:10│Comments(0)TrackBack(0)  | か行の作家

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
本日は1週間で