ショックじゃ・・離乳食はじめました

2014年04月17日

「ママはぽよぽよザウルスがお好き」 青沼貴子

mamahapoyopoyozaurusugaosuki

ああ、またマンガの紹介です。

普通の本の紹介を期待している方がもしいらっしゃったら申し訳ない。
(たぶん誰も見ていないし期待していないのでいいでしょう)

日常がハードになってきたので、ライトなものを欲する毎日です。


さて、こちらは青沼貴子さんの子育てマンガですが

もうかれこれ20年以上前の作品なんですよね。

タイトルだけはなーんとなく知ってましたが

ママとなった今ようやく手に取ることとなりました。

古本屋でゲットしたんで1巻読めてません
(KADOKAWAで再々刊行された2・3巻のみ。なんだこのゆるさ・・・自分)

元気いっぱいの息子・娘に振り回されるダメダメ母が描いてます。

ごはんは店屋物とか怒ったらすぐ殴るとか・・・

真面目な母親が見たら卒倒しそうですね・・・

マンガとしての表現なんで、作者自身をオーバーに卑下して

「こんなんでもなんとかなってますよ」と読者を励ましてるのかなと思ってます。
(たぶん書かれているのは本当なんだろうけど)


一番共感できたのは

男の子と女の子どちらがかわいい?を検証する話。

それぞれのいいとこ悪いとこを比較検討してますが

結局のところ「男でも女でもうちの子が一番かわいい」に落ち着くところ

本当に納得です。


ところで、読み終わって気がついたんですが

これ「ペルシャが好き」の作者なんですよね。

ちょっと共感できない!という気持ちが

それだけでなめらかになる、ミーハーなしばイヌなのでした。

sibainunohi at 21:55│Comments(0)TrackBack(0)  | あ行の作家

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ショックじゃ・・離乳食はじめました