お花見もうちょっとで

2014年04月03日

日本むかし話の歌って・・・

最近、息子のために童謡いろいろ覚えてます。

寝かしつけやぐずりの時に歌うと結構効くんで。

むかしはもっと知ってたのに

記憶ってあいまいねノ( ̄0 ̄;)\オー!!←年のせいとか言いたくない


歌詞の1番だけは知ってるけどっての多いので

とりあえず「浦島太郎」、「桃太郎」、「花咲かじいさん」調べてみました。

そして思ったこと・・・

残酷な結末イェーイ(((( ;゚д゚)))

物語の内容はもちろん知ってますが

それを短く説明しているその言葉のチョイスがストレートでズバッときます。


以下に歌詞を載せますんで、ご覧ください

「浦島太郎」

むかしむかし浦島は
助けた亀に連れられて
龍宮城へ来て見れば 
絵にもかけない美しさ

乙姫様のごちそうに
鯛やひらめの舞踊り
ただ珍しく面白く
月日のたつのも夢のうち


遊びにあきて気がついて
おいとまごいも そこそこに
帰る途中の楽しみは
みやげにもらった玉手箱


帰って見れば こはいかに
元居た家も村も無く
みちに行きあう人々は
顔も知らない者ばかり


心細さに蓋取れば
あけて悔しき玉手箱
中からぱっと白けむり
たちまち太郎はおじいさん


※「元居た家も村もなく みちに行きあう人々は 顔も知らない者ばかり」せつな!


「桃太郎」

桃太郎さん 桃太郎さん
お腰につけたキビダンゴ
一つわたしに 下さいな

やりましょう やりましょう 
これから鬼の征伐に
ついて行くなら やりましょう


行きましょう 行きましょう
あなたについて どこまでも
家来になって 行きましょう


そりゃ進め そりゃ進め
一度に攻めて攻めやぶり
つぶしてしまえ 鬼が島


おもしろい おもしろい
のこらず鬼を攻めふせて
分捕物(ぶんどりもの)をえんやらや


万万歳 万万歳
お伴の犬や猿キジは
勇んで車を えんやらや


※「つぶしてしまえ」とか、「おもしろい おもしろい」とか
確かに鬼は悪ですけど、なんかちょっと引くΣ( ̄ロ ̄|||)


「花咲かじいさん」

うらのはたけで ぽちがなく
しょうじきじいさん ほったれば
おおばん こばんが ザクザク ザクザク


いじわるじいさん ぽちかりて
うらのはたけを ほったれば
かわらや かいがら ガラガラ ガラガラ


しょうじきじいさん うすほって
それで もちを ついたれば
またぞろこばんが ザクザク ザクザク


いじわるじいさん うすかりて
それで もちを ついたれば
またぞろかいがら ガラガラ ガラガラ


しょうじきじいさん はいまけば
はなは さいた かれえだに
ほうびは たくさん おくらに いっぱい


いじわるじいさん はいまけば
とのさまのめに それがいり
とうとう ろうやに つながれました

※「とうとう ろうやに つながれました」って、いじわるじいさん悲しすぎ!






こちらを参考にさせてもらいました

世界の民謡・童謡 WORLDFOLKSONG.COM



sibainunohi at 22:55│Comments(0)TrackBack(0) 育児 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
お花見もうちょっとで