本日のモニプラ情報春一番~! 本日のモニプラ情報

2013年02月28日

「東京バンドワゴン」 小路幸也

tokyobandwagon

「東京バンドワゴン」 小路幸也


バンドの話~?と思って読んだら

下町にある古本屋&カフェを営む大家族の話でした。

タイトルは舞台の堀田家である古本屋の屋号。

お祖父さんである勘一、息子の我南人、その子供の藍子、紺、青。

そして、藍子の娘の花陽、紺の奥さん亜美と息子の研人

それから、死んじゃってるけど物語の語り手、祖母(勘一の妻)のサチ

という大所帯。(途中から青のお嫁さんになるすずみも合流)

彼らがご近所の小さな事件に巻き込まれたり

首突っ込んだりして解決していくストーリー。

そして、堀田家もずいぶん色とりどりの家族なので
(バンドマンの父、シングルマザー、愛人の子、駆け落ち同然で来てくれた嫁など)

そういう事情も明らかになっていきます。

下町の懐かしさもあり、あったかい雰囲気満載ですが

語り手のサチばあさんっている?

と思うのは私だけかな。
(死んだ祖母と話せる孫とかの能力もこれからもっと発揮される?)

冒頭の説明くささが鼻についただけかもしれませんが。


ちょっとした事件もハートウォーミングなので

昔のドラマみたいです。

古本屋というだけで興味があるので
(最近では「ビブリア古書店の事件手帖」みたいな)

古書関係の話は面白い。

すでにシリーズ7冊でてるので、どんどん読んでみようと思います。
(家族もどんどん増えるんだろうね)


   

sibainunohi at 17:28│Comments(0)TrackBack(0)  | さ行の作家

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
本日のモニプラ情報春一番~! 本日のモニプラ情報