2014年01月09日

本日のモニプラ情報

明日はすごく寒いって・・・。

家から出ない生活なので関係ないと言いたいとこですが

そんな日に限ってお出かけの予定。


★★★★★★★★★★★★★★★★


うちの子の保湿につかってます。
↓↓

スペシャル企画☆豪華3点セットを25名様に!しっとりお肌で新年スタート☆

「アトピタ」のローションだけですが

乳児湿疹で悩まされてた時から

しっかりお風呂の後に保湿で使ってます。

乳液状なのでぬりやすくていいですよ。

「保湿全身泡ソープ」、「薬用保湿入浴剤」との3点セットってお得ですよね♪


バレンタイン&ホワイトデーの時期にいつも気になってます。

【ファンサイトオブザイヤー金賞受賞記念!】感謝の55名様モニター大募集祭♪

「おいもや」さんのスイーツ。

ぜひスイーツセットを試してみたい。

sibainunohi at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) モニター情報 

授乳期ママ★乳腺炎対策★ハーブティー♪本商品モニター【10名さま】募集

生後2か月も過ぎ、育児もだいぶ落ち着いてきました。

が、出産直後も悩まされた「母乳のつまり」

最近また見舞われてます(T_T)

まぁ、飲んでくれれば落ち着くんですが・・・。


久しぶりにモニプラさんでこんなの見つけました。
↓↓↓

授乳期ママ★乳腺炎対策★ハーブティー♪本商品モニター【10名さま】募集 ←参加中

母乳つまり・乳腺炎対策ハーブティー|ミルクスルーブレンド

妊娠中もモニターさせてもらったAMOMAさんですが

つまり対策のお茶もあるんですねー。

ついつい甘いもの油ものを食べちゃう自分には

お助けティーかも。

どんな感じになるか試してみたいですね。




sibainunohi at 23:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) モニター情報 

2014年01月06日

遅ればせながら、あけましておめでとうございます

気がつけば2013年は終わり、2014年に

あけましておめでとうございます。


「八重の桜」の感想も中途半端で終わっちゃいましたね・・・。

まとめて観ることは全部見たのですよ。
(最後の「私はあきらめねェ」っていうのが心に残りました。)

えーと、今年の大河は何やるんでしたっけ?

「軍師官兵衛」?戦国ものか~。もうすでに昨日の放送観てないし。



子育ての合間にこれ読んでます。↓

hitorinougyou1

hitorinougyou2

「金スマ」の企画「ひとり農業」の本。

渡辺・ヘルムート・直道さんの日記ですねー。

はじめの方みてなかったので、面白かったです。

全部自分でやっちゃうってのが
(野菜づくりから、家づくりまで)

あきれるけどすごい。


なかなか読書もままなりませんが、ぼちぼち読んでいきます。

ということで、今年もよろしくお願いします。

sibainunohi at 11:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日常 

2013年11月25日

生まれました

先月30日に男の子を出産しました。

入院中は貧血がひどくて大変でしたが
(帝王切開の傷も痛かった)

もう、1ヶ月近く

時間が経つと不思議なもので

痛みとか忘れちゃいますね。


image


本当に生まれてきてくれてありがとう。





sibainunohi at 03:25|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 日常 

2013年10月28日

表札って簡単に落ちるもの?

先週、家の表札おっこっちゃいました(T_T)

ブロックにガラス製の表札をボンド止めしてもらってたのが

連日の雨のため?劣化?

理由はわかりませんが、ボンドがすっかりはずれて取れてました。

下が芝生だったんで割れることはありませんでしたが

とにかく、表札が落ちるなんて、なんか不吉じゃないですか。
(でも、ネットで調べてたら結構あることのようですが・・・)

と思ってブルーになってたら

いつもは朝から元気いっぱいの胎動が感じられなくて

あわてて病院へ駆け込むことに。

まぁ、その車中でポコポコ動いてたんで、単なる杞憂だったんですが

もうびっくりしちゃいましたよ。
(赤ちゃんは何の問題もなく元気でした。単に寝てただけみたいで)


これから忙しくなるんで

急ぎ、付けてくれたとこに電話して直してもらいました。

ガラス製で、ネジ穴なしタイプなんで

結局はまたボンド付(今度は別の接着剤)。

今度は落ちないこと願います。

表札選び、見た目だけじゃないですね。反省です。




sibainunohi at 12:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 | おうちづくり

八重の桜 第43回「鹿鳴館の華」

恋とは不思議なもの。

大山巌に求婚される、山川家の末っ子、捨て松。

しかし、相手は薩摩、こちらは会津。

周りはあり得ないと反対の嵐。

でも、ふたりは心通じるものがあったみたいですね。

八重が腕相撲で決着とかいいだして

またかー!

って思いましたけど。
(襄の「そんな、力づくはいけません」とかも、ずれてる)

大山が劣勢になりかけた時の、捨て松の本音がみんなの心をほぐしましたとさ。
(八重は相変わらず、つええですな)

にしても、大山の

「なんどかパーティーでお見かけしてから、美しかおはんのことが忘れられなかった。」

とか、結構殺し文句ですな。

殿方からのこういう、率直な意見というのは胸に響くものです。


あ、襄はもう来週、亡くなってしまうんですか?

次からはゆっくり大河も観てられないかな~。

感想の更新できるのか?

では、明後日、赤ちゃん産んできます。




sibainunohi at 12:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 八重の桜 | ドラマ

2013年10月21日

八重の桜 第42回「襄と行く会津」

わー、回想で尚之助さまが出てきた

会津の山本家の跡地、角場で昔を思い返す八重。

過去に住んでいたところってほんとノスタルジイですね。

しばイヌも昔住んでた家を見に行ったときには

何とも言えない気持ちになりました。

八重たちはもっといろいろあった場所だから余計に・・・。

覚馬は故郷へ同行できないわけですよ・・・ね。


うらも元気でいてよかったです。

みねの結婚を報告できたし

一緒に暮らすことが出来なくても(なんとも強情な感じはしますが)

もう一度会えてよかったと思います。


さて、アメリカから帰った捨松。

出迎えてくれた家族に英語でしゃべりまくるしゃべりまくる。

やーーーー、日本語全然しゃべれなくなってるってちょっと面白かった。










sibainunohi at 16:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 八重の桜 | ドラマ

2013年10月17日

バリーさんのパイシューとトイレ詰まっちゃった

お昼にトイレに行こうと思ったら

トイレの水たまりに水がほとんどなくて??

一応水を流してみると・・・

どんどんと水がたまって、排水しなくなりました

びっくりしちゃって

仕事中のダンナにスッポン持って帰ってきてもらって、やってもらったよ~。

すぐに回復したので安心しました。

原因は固形ブツ(失礼)のこともあるだろうけど

トイレットペーパーとかたくさん使ったら詰まることもあるみたいなんで

気を付けないといけませんね。
(トイレ掃除の時にやったりもするんで)




image


午後からお散歩ついでにおやつと本を購入。

ついついこういうの買っちゃうね。

家に読むものなくなっちゃったんで、古本5冊仕入れてきました。


「ほんとに建つのかな」 内田春菊

「できるかな」 西原理恵子

「はるかに海の見える家でくらす」 大橋歩

「海馬 脳は疲れない」 池谷裕二・糸井重里

「秘湯中の秘湯」 清水義範

昨日まで百田尚樹の「永遠の0」を読んでたんで

かる~く読めそうなのにしました。




sibainunohi at 17:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

八重の桜 第41回「覚馬の娘」

自由民権運動の制圧に地方に押し付ける税の追加徴収。

国の横暴はいつの時代もかわりませんね。


覚馬は、槇村のずるいやり口を新聞で煽り、世論を動かしました。

本当にかしこい人です。

ついに税の追徴の通達を取消

しかし、府議会で京都の予算不足のための税収不足の議論をしろと議案をだしました。

府議会、すなわち覚馬の負けとなりますが

それに対し、自分が議員を辞めることで槇村に進退をつきつけました。

刺し違えて痛み分け。

槇村は演説会を禁じる府の条例を撤廃し、名誉を挽回しつつ勇退することにしました。

槇村のそばで働いた覚馬は最後までうまい事槇村を使い切りましたね。



さて、覚馬の娘のみねですが、伊勢さんから結婚の申し込みをされます。

みねは結婚を許そうとする覚馬に反発します。
(伊勢が好きなのに)

母のうらのことを思っての複雑な気持ちですね。

覚馬は、伊勢についていくことを決めたみねに

「だけんじょ、どうしても困ったら大声を出して呼べ。おとっつぁまが助けに行く」

ってのいいね。




sibainunohi at 17:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 八重の桜 | ドラマ

2013年10月11日

「古都トコトコ記・断食への道」 銀色夏生

kototokotokoki

「古都トコトコ記・断食への道」


しばイヌの好きな京都や奈良を旅した記録ってことで読んでみました。

銀色さん、神社仏閣、仏像、興味ないのに大丈夫かしら?

と思っていましたが。

今回はじっくり見てみると言ってますが

やっぱり、途中から興味なくなってましたね。

まあ、銀色さんらしいです。

タイトル通り、旅行記だけじゃなく、断食体験記、その上、6年前の散歩記まで抱き合わせで

旅行記期待派の方には

物足りない内容でしょうね。

人物観察がするどい断食体験

写真が楽しいさんぽの話は結構面白かったんですが。

「つれづれ」のスピンオフみたいな位置づけかしら。

最近スピリチュアルに濃厚になりつつある「つれづれ」よりも

あっさりと銀色目線の日常を楽しめる内容です。




sibainunohi at 16:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) か行の作家 |