2014年04月17日

離乳食はじめました

BlogPaint

最近、口をもぐもぐさせることが多くなったので

離乳食を始めてみました。
(経験者のみなさん、なつかしいでしょ

なんだか容器がでかいですが、まずは10倍がゆ小さじ1杯分。

彼は嫌がるそぶりもなく

もっとくれ~~~!でした。

初日は成功。

このままいろんなものを食べてくれたらいいな。

sibainunohi at 22:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 育児 

「ママはぽよぽよザウルスがお好き」 青沼貴子

mamahapoyopoyozaurusugaosuki

ああ、またマンガの紹介です。

普通の本の紹介を期待している方がもしいらっしゃったら申し訳ない。
(たぶん誰も見ていないし期待していないのでいいでしょう)

日常がハードになってきたので、ライトなものを欲する毎日です。


さて、こちらは青沼貴子さんの子育てマンガですが

もうかれこれ20年以上前の作品なんですよね。

タイトルだけはなーんとなく知ってましたが

ママとなった今ようやく手に取ることとなりました。

古本屋でゲットしたんで1巻読めてません
(KADOKAWAで再々刊行された2・3巻のみ。なんだこのゆるさ・・・自分)

元気いっぱいの息子・娘に振り回されるダメダメ母が描いてます。

ごはんは店屋物とか怒ったらすぐ殴るとか・・・

真面目な母親が見たら卒倒しそうですね・・・

マンガとしての表現なんで、作者自身をオーバーに卑下して

「こんなんでもなんとかなってますよ」と読者を励ましてるのかなと思ってます。
(たぶん書かれているのは本当なんだろうけど)


一番共感できたのは

男の子と女の子どちらがかわいい?を検証する話。

それぞれのいいとこ悪いとこを比較検討してますが

結局のところ「男でも女でもうちの子が一番かわいい」に落ち着くところ

本当に納得です。


ところで、読み終わって気がついたんですが

これ「ペルシャが好き」の作者なんですよね。

ちょっと共感できない!という気持ちが

それだけでなめらかになる、ミーハーなしばイヌなのでした。

sibainunohi at 21:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)  | あ行の作家

ショックじゃ・・

げん玉のモリガチャでプリペイドカードせっかく当たったのに
(いまから3ヶ月くらい前)

待てど暮らせど来ないと思ったら・・・

当選品の希望確認のメールがポイントサイト事務局に届いてないという不幸(T_T)

ちゃんと、ちゃんと返信したのに~!

あたしのメールいったいどこへ行ったんじゃ。

その上

「資格期間は(もうとっくに)過ぎてるんで(プレゼントは贈れません)ご了承を」

とのそっけない返事。

ちゃんと返信できてないなんてどうやって自分は知ったらいいのだ。
(送信済みフォルダに入ってるんだもん)

うぅぅぅ、どうしようもないけど悔しいんでここで吐きだす(ノ`Д´)ノ



sibainunohi at 21:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ポイントサイト 

2014年04月15日

お天気がいいと気持ちいい

雨が降ると寒くなっちゃう。

今週は晴れてって暖かくてうれしいね。

そういえば

今度の高島屋の北海道物産展

初のHTBグッズショップがくるー!

そのうえ

「おにぎりあたためます」の麻美ちゃんと(佐藤麻美アナ)オクラホマのトークショウが・・・

行きたい

行きたい

行きたい

行きたいけどいけない(TДT)


ダンナが行くそうです。


image


オレのこいのぼりはいいぜ

sibainunohi at 11:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

2014年04月10日

こいのぼり

image


パンツやらタオルやら

時には洗濯物を干した

たこあしごとぶっ飛んでく

うちのベランダの風の強さが吉とでました。

こいのぼりが気持ちよく泳いでます。

sibainunohi at 18:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日常 | 育児

2014年04月08日

龍馬の手紙

暗殺1週間前に書かれた

手紙の素案が見つかったんだね。

紛れもない龍馬の真筆。

たまたまNHKに替えたとたんこのニュース

ちょっと震えた。



sibainunohi at 00:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 歴史 

2014年04月07日

「植物男子 ベランダー」

NHKBSで始まったドラマ

いとうせいこうさんの「ボタニカルライフ」だ!

この本好きなんですよ。


熱心にガーデニングするでもなく

気ままに買ってきた鉢植えたちが

雑な世話で枯れたりとかして

でも捨てれないで水だけやり続けると

ある時復活したりして

満足感を得ちゃうってよくわかる!


ガーデナーでなくてベランダー。

ドラマタイトルの「植物男子」とかはニュアンスが違う気がしますが

田口トモロヲいい感じです。

隣人の植物学者との掛け合いもおもしろい。




sibainunohi at 23:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ドラマ 

2014年04月03日

もうちょっとで

P4021080

もうちょっとで


P4021081

届くのに!


自分から欲しい物に手を伸ばすようになりました。

動くようになったらいろいろやられるんだろうな・・・。

sibainunohi at 22:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 育児 

日本むかし話の歌って・・・

最近、息子のために童謡いろいろ覚えてます。

寝かしつけやぐずりの時に歌うと結構効くんで。

むかしはもっと知ってたのに

記憶ってあいまいねノ( ̄0 ̄;)\オー!!←年のせいとか言いたくない


歌詞の1番だけは知ってるけどっての多いので

とりあえず「浦島太郎」、「桃太郎」、「花咲かじいさん」調べてみました。

そして思ったこと・・・

残酷な結末イェーイ(((( ;゚д゚)))

物語の内容はもちろん知ってますが

それを短く説明しているその言葉のチョイスがストレートでズバッときます。


以下に歌詞を載せますんで、ご覧ください

「浦島太郎」

むかしむかし浦島は
助けた亀に連れられて
龍宮城へ来て見れば 
絵にもかけない美しさ

乙姫様のごちそうに
鯛やひらめの舞踊り
ただ珍しく面白く
月日のたつのも夢のうち


遊びにあきて気がついて
おいとまごいも そこそこに
帰る途中の楽しみは
みやげにもらった玉手箱


帰って見れば こはいかに
元居た家も村も無く
みちに行きあう人々は
顔も知らない者ばかり


心細さに蓋取れば
あけて悔しき玉手箱
中からぱっと白けむり
たちまち太郎はおじいさん


※「元居た家も村もなく みちに行きあう人々は 顔も知らない者ばかり」せつな!


「桃太郎」

桃太郎さん 桃太郎さん
お腰につけたキビダンゴ
一つわたしに 下さいな

やりましょう やりましょう 
これから鬼の征伐に
ついて行くなら やりましょう


行きましょう 行きましょう
あなたについて どこまでも
家来になって 行きましょう


そりゃ進め そりゃ進め
一度に攻めて攻めやぶり
つぶしてしまえ 鬼が島


おもしろい おもしろい
のこらず鬼を攻めふせて
分捕物(ぶんどりもの)をえんやらや


万万歳 万万歳
お伴の犬や猿キジは
勇んで車を えんやらや


※「つぶしてしまえ」とか、「おもしろい おもしろい」とか
確かに鬼は悪ですけど、なんかちょっと引くΣ( ̄ロ ̄|||)


「花咲かじいさん」

うらのはたけで ぽちがなく
しょうじきじいさん ほったれば
おおばん こばんが ザクザク ザクザク


いじわるじいさん ぽちかりて
うらのはたけを ほったれば
かわらや かいがら ガラガラ ガラガラ


しょうじきじいさん うすほって
それで もちを ついたれば
またぞろこばんが ザクザク ザクザク


いじわるじいさん うすかりて
それで もちを ついたれば
またぞろかいがら ガラガラ ガラガラ


しょうじきじいさん はいまけば
はなは さいた かれえだに
ほうびは たくさん おくらに いっぱい


いじわるじいさん はいまけば
とのさまのめに それがいり
とうとう ろうやに つながれました

※「とうとう ろうやに つながれました」って、いじわるじいさん悲しすぎ!






こちらを参考にさせてもらいました

世界の民謡・童謡 WORLDFOLKSONG.COM



sibainunohi at 22:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 育児 

2014年03月31日

お花見

いいとも終わっちゃった~。

最近は全然観てなかったけど終わるのはさみしいね。


といいつつ、いま観てるTVは「有吉反省会」ププ

あのT部長と有吉のからみが観たいのです。



桜、一気に咲きましたね。

これは、土曜日の桜。

NEC_0035


週末は荒天でお花見もできず

本日、ヒマだった母と息子でお花見しました。

まー、お弁当買ってきて食べただけだけど。

その間、息子は気持ちよーくお昼寝してくれてて助かったヨ。

NEC_0034

なんか黄昏るなぁ・・・。





sibainunohi at 21:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常